アルフィの航海日誌

ゲーム日記&色々ひっそりと書きなぐる雑記帳。

模型:ガルパン GP-23 M26パーシング part2:組立中

ガルパン GP-23 M26パーシング
起動輪、転輪が出来ました。
起動輪さえ出来てしまえば、転輪はゲートが多いぐらいでそれほど難しくありませんね。

次は車体下部の後部側と足回りの作成に進みます。

ガルパン GP-23 M26パーシング

後部側なのですがガルパンアニメと違う箇所が多いです。

写真の右のパーツなのですが、左側の直線に出ている部分がアニメでは無いようなのです。切り飛ばしても良いのかちょっと考えています。
(後日、切り飛ばすことにしました)

次に説明書が多分間違えているだろう箇所があります。
(版上げなどで修正される可能性があります)

[2]でD4bと書いてあるのですが説明書の絵がD4aパーツの物です。パーツ別ではD4aパーツは使わないと網掛までしてありますが、D4bパーツってそもそもこの位置に取り付けられないような形状なので、D4aパーツを取り付けるのが正しいと思います。
大きさ的にD4bパーツはC23パーツ(排気管でいいのかな)を取り付けない場合に埋めておくパーツに見えます。
(確認しましたがそれよりも大きかったです、どこか塞ぐパーツっぽい気はしますが)
また、アニメではそもそもD4aパーツがついてないように見えます。取り付けないという選択肢も出てきます。
(細かい部分は初心者目線なので間違えてる可能性もあります)

説明書がおかしい点は以上です。

ガルパン GP-23 M26パーシング
後部側、取り付け時は手前の面が下になります。
以下はガルパン仕様にしたい場合です。

1:牽引ロープが必要になります。牽引ロープだけどうにか作れないかなと思ったのですが、それだけでなく牽引ロープを巻きつけているフック部分も凸のみなのでどうにかしないといけません。
牽引ロープをつけるには、この部分も一度切り飛ばしてL字型のパーツをつけてやるか、L字型になるように削る必要があります。(更に一か所だけ半円型+リベットのような形)。

そもそも牽引ロープ自体が無いのでアイの部分(先端部分)をどうすれば良いんだろうか。調べると大体ロープ部分だけ作って元パーツのアイの部分に穴開けてロープを刺していて牽引ロープそのものを自作してるサイトは見つかりませんでした。


2:中央(C14)につけるフック(A10)はアニメでは左側の台のようなところに載っています。
プラッツ公式サイトの作例ではそちらにつけています。Amazonの商品ページでも確認できます。こちらは差し込むところを切り飛ばして接着すれば良いので、真似するだけで良さそうですね。


牽引ロープまわりを改造してみようか考えていますが、必要なプラ材が無いので邪魔にならなそうな物だけ接着して足回りの作成を先に始めました。
基本は切った貼ったで作れそうではあるのですが、自分に作れるか微妙なところという気も。

どっちにしろ後部を取り付けないと足回りも後部側が終わらないのでパーツのゲート処理と可能なところだけつけていく感じで進めます。

[5]足回りの作成ですが、あちこちが組み合わさるような形なので取り付けるパーツの順番を間違えると面倒なことになりそうです。仮組大事。

まだ[5]を少し始めたところなので今日はここまで。
しかしパーツが細かくて時間がかかりそうです。



part1 / part2 / 無し

模型:ガルパン GP-23 M26パーシング part1:開封と作り始め

模型通算4つ目、戦車模型2つ目の製作を始めました。
直前までヤークトティーガーにしようかと思っていたのですが、悩んだ末にM26パーシングにしました。

ガルパン GP-23 M26パーシング

まずは部品の確認。
前回のタミヤ製に比べてドラゴン製なので圧倒的にパーツ数が多いですね。
ランナーから外れたパーツが無いかも確認します。

説明書がすでにアニメ通りに出来ないよって書いてあるのは、コラボ商品として投げ捨てた感があるなぁ。
アニメ劇中では大学選抜チームの副官トリオが乗っているものの、チーム内がほとんど同型なので量産型というイメージが強い気も。

ガルパン GP-23 M26パーシング

起動輪、転輪から製作にかかります。

起動輪のゲートが谷側にあるので1つ目がすごい時間かかりました。デザインナイフで斜めに入れて少しずつ落として棒ヤスリで削り取りました。
パーツチェックと起動輪2つ作るのに2時間ぐらいかかってます。

起動輪であるB12パーツはランナーで並んでるのですが、明らかに形が違います。(説明書には無いパーツ)
違う戦車の物みたいなので、間違えて使わないように注意が必要ですね。



■M26パーシング製作記
part1 / part2 / 無し

模型:ガルパン GP-17 KV-2 part4:完成

ガルパン GP-17 KV-2 スミ入れ
スミ入れしてデカール貼りました。
ちょっと汚しついでではあるものの、乾いたらかなり汚い感じになったので何でだろうと調べたら白い場合はグレイ系がいいとか。

写真は溶剤で更に落としたところ。
数日経つと完全乾燥して溶剤でも落ちなくなるようですが、1日ぐらいなら大丈夫でした。


ガルパン GP-17 KV-2 トップコート
1日乾燥させて、つや消しのトップコートを吹きました。
ワイヤーロープのスミが落ちてないことに気付いたけど、トップコート後に溶剤かけるとよくないみたいなのでそのままでいいか。

初めてなのでこのぐらいで良いのかなという感じ。スプレー吹いても白いせいでどのぐらい付着したのかよく分からないままでした。

慣れてくれば分かるようになるのかな。


初戦車なので結構違いが多くて苦労しました。
組立は順調だったけど、塗装からいくつか失敗したなぁ。経験があれば失敗しないようなことでもあるので模型製作の経験値になった。

汚しはスノーのあるウェザリングマスターが売ってたらやってみようかと思ったのだけど、いつも置いてる店で売り切れだったので無しにしました。

とりあえず完成ということにして次にいってみようと思います。
また作ることがあれば塗装前にグレイか白のサーフェイサーを吹くことと、墨入れはグレイにすること。

今回の注意点(メモ)。
スミ入れを落とした後、乾燥すると濃くなるので念入りに拭き取る。
スミ入れ後にトップコートを吹くと薄かった場所も濃くなる(はっきりする)。


福袋に入ってた残りはIV号、ヤークトティーガー、パーシング。
IV号作る前にドラゴン製に慣れるためにヤークトティーガーかパーシングのどっちか作ってみようかな。



■KV-2製作記録
part1 / part2 / part3 / part4

発売日メモ

記事が増えたので更新。
モンハンを久しぶりにやってますが色々と楽になってたり、シームレスだったりと楽しいです。
ガルパンにハマって丁度良い時期に発売なのでガルパンのゲームも買ってみようかなぁ。オンライン対戦もあるみたいですが、キャラものだとバランス酷かったり、すぐ過疎りそうな気もしますが大丈夫かな。

■Games
02/15 聖剣伝説2 SECRET of MANA [PS/PS4/PSV]
02/21 METAL GEAR SURVIVE [PS4/XBOX1/PC]
02/22 ガールズ&パンツァー ドリームタンクマッチ [PS4]
03/01 ラノゲツクールMV [PC]
04/19 メタルマックス Xeno [PS4/PSV]

2018年春 死印 [NS] (PSV版は発売中)
2018年夏 黄泉ヲ裂ク華 [XBOX1](2017春予定から延期)
2018年夏? ドラゴンクエストビルダーズ2 [PS4/NS]
2018年冬 キャサリン フルボディ [PS4/PSV]


■Books and the others
02/20 ソード・ワールド2.0リプレイ 黄昏の国の魔法王
02/22 アンドールの伝説 拡張 最後の希望 [ボドゲ](2017年内から延期)
02/23 ガールズ&パンツァーの日常(3)
02/26 艦隊これくしょん お願い!鎮守府目安箱(2)
03/02 艦これプレイ漫画 艦々日和(9)
03/10 境界線上のホライゾン(10下)
03/15 私、能力は平均値でって言ったよね!(7)
03/20 ソード・ワールド2.0アニバーサリーブック テラスティア冒険録
03/23 ガールズ&パンツァーの日常(4)
03/23 ガールズ&パンツァー 最終章 ハートフル・タンク・アンソロジー(1)
03/24 ガールズ&パンツァー コミックアンソロジー 聖グロリアーナ女学院&プラウダ高校

03月 Fallout: Wasteland Warfare [ボドゲ/上記とは別]
03月 アンドロイド:ネットランナー拡張 想像と支配(原題:Creation And Control /Shaper vs HB)(2017年内から延期)

2018年冬 萌えよ!戦車道学校

2018年 アンドロイド:ネットランナー拡張 名誉と利潤(原題:Honor And Profit /Criminal vs Jinteki)(2017年内から延期)
2018年 アンドロイド:ネットランナー 拡張 キタラ・サイクルデータパック 4/6〜6/6 [ボドゲ](1/6〜3/6は公式ページに記載無し。告知はされています)

2018年初春 シャドウラン5th 日本語版(あみあみで仮予約表記 / 予約停止中)
※Amazonでは検索にかかりません。2017夏→2017年12月から再び延期。翻訳者のツイッターから翻訳は済んでいるようですが、どうも利幅の問題で出版側が渋っている模様?
新紀元社の公式発表はこちら


模型:ガルパン GP-17 KV-2 part3:塗装完了

ガルパン GP-17 KV-2

塗って組み立てました。
やはり下地がうっすら出てしまいますね。

履帯は横に穴開けて真ちゅう線かなんかで上から押さえるようにたわませてやると良いようです。色も塗料とほぼ同じ色なので塗りませんでした。
砲身の中は黒で塗ったところ非常に見栄えがよくなりました。

ワイヤーロープは元々柔らかいプラ素材なのでドライヤーで結構簡単に曲げられました。一気に力をかけると折れると思うので温めて曲げて、温めて曲げて、実際の位置に合わせてみてと少しずつ曲げていく感じですね。

その後、個別に塗装してからひっかけました。
アニメと同じような向きに曲げたんだけどロープ自体がちょっと長いようで、機銃の邪魔になってそうなのでもうちょっと外向きが良かったかも。

このままでは真っ白でメリハリがないのでスミ入れしてデカール貼って、つや消しのトップコートで完成の予定です。
汚し塗装はアニメ基準ならしなくても良さそう。やるなら履帯が綺麗すぎるから少しだけ足回りを泥(雪)っぽくするかな。



■KV-2製作記録
part1 / part2 / part3 / part4

模型:ガルパン GP-17 KV-2 part2:塗装中

ガルパン GP-17 KV-2 塗装中

Mrカラーを初めて使用。
とりあえず上部だけ塗りだしたところ。

サーフェイサーが無いので大丈夫かなと思いつつそのまま塗りだしたんだけど、白は隠蔽力が無いようで下地がうっすら見えるリアル寄りな迷彩に。
写真はもうちょい白くならないかなと6〜7重ぐらいに白を塗っているので厚ぼったい感じになりつつ。
重ね塗りするから隅など流れ込みやすい場所に塗料が溜まって厚くなってる。

隠蔽力の高いクールホワイトというのもあるようなのでぽちった。
筆ムラを消しつつもう1回ぐらい塗ってみて、無理そうならこのままリアル寄りにしてしまうのが良さそうかな。
また作る時があればサーフェイサーを下地に使ってリベンジ。

塗料は1個から買えるヨドバシが強いですね。



■KV-2製作記録
part1 / part2 / part3 / part4

Avernum3:Ruined World発売

Avernum3がsteamで発売したようです。

セールになったら買おうかな。

公式サイト

模型:ガルパンGP-17 KV2 part1:製作中

初戦車。模型自体3つ目の初心者目線の記事です。

上手い人の記事も参考になるけど、初心者が作ってるようなのもあった方がこれから作る人が気負わずに作れるんじゃないかなぁと思って製作記事を作ってみます。

ガルパン GP-17 KV-2
組立中。

砲塔付け根の凹み(ヒケ)が大きいのでパテで埋めて乾燥させて削ったのですが、まだ凹んでるっぽいのでもう一回重ねて乾燥中。
足回り、上部、履帯で塗装かなと思い、履帯は軟プラなので塗るにはプライマー買わないとだし、そのままでもいいか悩んでるところ。
ハッチが開閉可能タイプなので製作中に勝手にパカパカしないようにマスキングテープでとめてます。

タミヤ製で金型が40年ぐらい前らしいけどかなり組みやすい印象です。バリはちゃんと処理しないと綺麗に入らない場所とかはあるけど。
素組だと劇場版カラーになってしまうのが欠点かな?


説明書でおかしいところが2つありました。

[4]車体上部の組み立て:C15の貼り付け位置のパーツがB15となっている(B15パーツは存在しない)
[5]車体上部部品の組み立て:前面側中央のパーツに番号表記がない(C10だと思います)

それと別キットの内容物を確認していたのですが、GP-31:ヤークトティーガーの説明書のS(420mm metallic cable wire)パーツが入ってない。尚、使うところも無い。

念のため公式に問い合わせたところ、元々入ってないそうです。



■KV-2製作記録
part1 / part2 / part3 / part4

模型:羽黒完成

アオシマ ハセガワ 羽黒

年明けぐらいから作り始めたので3週間近くかかりましたが何とかできました。
製作2個目のプラモです。

塗装は窓あけてやらないといけないのでタイミングがなかなか無いだけで何もしてない日も多かったですが。

艦載機の作成、パテでの穴埋め、ピンバイスでの穴あけ、デカール貼り、エッチングパーツ(ネームプレート)の切り取りなど初めてのことが多かったです。
塗りが段々雑になる感じなので丁寧にやらないとなぁ。

一部のパーツでバリが大きかったり、マスト回りの組立が説明書だと分かりにくかったりと1個目にするにはちょっと大変かなと思いました。


艦これモデルを買ったのですが、内箱をスライドするとハセガワの箱(コラボ用と分かる程度の小さいシール付)でした。
エッチングパーツ、キャラ色での塗装目安が書いた紙、使い道があまりないデカールが少し追加で入ってるぐらいで金額が倍と考えると、ハセガワのでよかったかも。
(新しい艦これモデルでは説明書などもオリジナルデザインのものが入っているようです)

次は前回の記事の通り、KV-2を作ってみます。初戦車なので上手く出来るか分からないけど。

艦船は金剛をそのうち作りたいけど、もう1,2個小さいので練習した方が良さそうかな。
フジミの艦NEXTシリーズを素組してみたい気もします。


模型:ホビコレ 1/35ガルパン戦車福袋【4期】

お正月に艦船模型の福袋欲しかったのですが、すぐに売り切れてしまったようで購入出来ず。
折角だし戦車も作ってみようかなぁとホビコレでガルパン福袋(福箱?)を購入。到着しました。

ホビコレ 1/35ガルパン戦車福袋 2018

4期では1つだけ学校を選べて、選んだ学校のキットが必ず1つは入っています。

IV号入ってると良いなと大洗を選択したら入っていたのでとても満足。
おまけはフラッグパーツ2個と大学選抜のマグネットとお姉ちゃんのシール。シールは何枚か入ってます。

ツイッターとか開封動画を見ていると安価品枠(調整枠?)でプラウダのKV-2か大洗のM3リーが必ず入ってるようですね。
1/144の半完成済みキットがおまけに入ってる場合もあるみたいですが、入ってませんでした。

タミヤ製なのでかーべーたんから作り始める予定です。
他は3つともドラゴン製なので初回で作り始めるのは怖い気がする。

ホビコレでは複数回購入用に値引きコードが入っているのですが、コメントに書いておくとある程度考慮してくれるようなことが書いてあるので最終章(5期)も買って積んでおくのも手かとちょっと悩んでいます。
今のところ何が入ってても良いのでお得感あるんですよね。買っちゃうと時間かかりそうなのでしばらく船に戻れなくなりそうだけど。

IV号以外はチャーチルが欲しいのですがプラッツではなくファインモールドが限定品で出していたようで、もう買えないみたい。
リニューアルするか別会社が出してくれないかなぁ。

Twitter
RPG大好きぬるげーまー。 コンシューマ、PCゲーム、ネットゲーム、ソシャゲ、ボードゲーム、カードゲーム、TRPGなどゲームならジャンルも大体何でもやります。 その他、PC、プログラミング、ラノベ、動画作成、模型(プラモ)なども。
管理人のサイト
Wiki-アルフィリンのメモ帳

HP-サービス終了に伴い公開終了しました
Twitter
その他
(C)2005 KOEI Co., Ltd. All rights reserved

当サイトはリンクフリーです。
報告などが無くても相互リンクさせて頂くことがあります。

非難中傷、意味不明な内容のコメントは荒らしとして全て削除しています。

コメント、トラックバックは下書き状態になるよう設定しています。
すぐに表示されない可能性があります。

このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。




最新コメント
月別アーカイブ
気になるもの
  • ライブドアブログ