アルフィの航海日誌

ゲーム日記&色々ひっそりと書きなぐる雑記帳。

発売日メモ

最近は気軽に読めるタイプのコミックとか、異世界物が好みかも。重い設定とかだと途中でだれちゃって。。
「サバゲっぱなし」とかサバゲ全然知らないけど結構面白いです。

■Games
06/07 Fate / Extella Link [PS4/PSV]
06/14 GOD WARS 日本神話大戦 [PS4/PSV/NS]
06/14 グランクレスト戦記 [PS4]
06/28 死印 [NS] (PSV/PS4版は発売中)
07/13 オクトパストラベラー [NS]
07/26 ドラゴンクエストX オールインワンパッケージ [PC/PS4/NS/wiiU]
07月 Fate Grand Order Arcade [アーケード]
08/02 世界樹の迷宮X [3DS]
08/09 NG [PSV]
11/14 Fallout76 [PC/PS4?/XBOX1?/日本語版は不明]

2018年夏 大戦略パーフェクト4.0 [PC/NS](春から延期。PS4版は4/26発売)
2018年冬 キャサリン フルボディ [PS4/PSV]
2018年内 ドラゴンクエストビルダーズ2 [PS4/NS]
2019年春 黄泉ヲ裂ク華 [XBOX1](2017春→2018年夏から再延期。ジャンルもDRPGに変更)


■Books and the others
06/12 がっこうぐらし(10)
06/12 私、能力は平均値でって言ったよね!(3) [コミック]
06/13 神に拾われた男(1) [コミック]
06/13 超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです(5) [コミック]
06/20 ソード・ワールド2.0 魔法文明リプレイ ロード・オブ・グリモワール
06/30 フォールアウト:ボードゲーム [日本語版、ボドゲ、英語版は11月末頃から発売中]
07/05 異世界のんびり農家(2) [コミック]
07/10 境界線上のホライゾン(11上)
07/13 私、能力は平均値でって言ったよね!(8)
07/20 ソード・ワールド2.5 ルールブック(1)
07/20 ソード・ワールド2.5リプレイ 水の都の夢みる勇者(1)
07/25 異世界食堂(3) [コミック]
07/25 ラグナロク:Re(2)
09/14 リトルアーモリーのつくりかた

2018夏 Fallout: Wasteland Warfare [ボドゲ/予約受付中(英語サイト)]
2018秋 放課後アサルトxガールズ(6) [コミック]
2018末 サバゲっぱなし(4) [コミック]

2018年 アンドロイド:ネットランナー拡張 名誉と利潤(原題:Honor And Profit /Criminal vs Jinteki)(2017年内から延期)
2018年 アンドロイド:ネットランナー 拡張 キタラ・サイクルデータパック 4/6〜6/6 [ボドゲ](1/6〜3/6は公式ページに記載無し。告知はされています)

fallout:vaultまとめ

ネタばれあり。
どれぐらいのVaultがあるのか気になったのでまとめてみる。

The Vault(wiki)を和訳したものを基準に記事にしています。
ボードゲームのVaultは記載が無いようなので翻訳した物をのせています。

出展について
FO1:Fallout1
FO2:Fallout2
FO3:Fallout3
FO4:Fallout4
FO76:Fallout76(情報が出たら追記予定)
FONV:Fllout New Vegas
Fallout Shelter:スマホ版Vault経営ゲーム
FO:TBG:Fallout:The Board Game(FFG社の公式ボードゲーム)
番外編:その他のシリーズ
公式設定、その他:公式サイトや設定資料など

■Vault-Tec社
アメリカ合衆国と契約し、セーフハウス計画と呼ばれるVaultシステムの立案と製作に携わった会社。
本社はワシントンDCにある。

核攻撃に耐えられるセーフハウスという触れ込みで作られているが、その実態は孤立したストレスの中、その集団(個人)はどのような行動をとるかという実験用であった。
そのため合衆国の要求数40万にはほど遠い、122までしか製作されておらず、ほとんどの合衆国民は核攻撃にさらされることになった。

この計画はエンクレイブによるもので、Vault-Tecは利用されているだけであるようだ。

2010/11/15 本記事の初期公開日です
2015/11/14 vault111 vault0-999 追加
2015/12/17 vault75 81 95 114 追加 111追記 (Fallout4 日本語版発売)
2017/10/15 vault88 追加。文の細かい修正など
2018/05/24 vault84 109 追加。詳細調査中
2018/06/01 vault76 84 109 追記
2018/06/03 vault109 追記
続きを読む

模型:初心者向けおススメ書籍



書店やAmazonで見ていると、上記の『〇〇模型の教科書』シリーズ(ホビージャパン)と『〇〇模型の作り方(ものぐさ)』シリーズ(新紀元社)の2種類がよく出てきます。
尚、上記2冊はプラモ製作前に実際に購入したので、艦船模型と戦車模型で内容が別ですが、教科書シリーズでも戦車模型編もあるし、作り方シリーズに艦船模型編もあります。

書籍によって著者が違うので一概には言えませんが、シリーズでコンセプトは似たような感じで作っていると思いますのでご参考までに。


『教科書』シリーズは工具を買ってくるところなどホントに1から作る方向けに丁寧に書いた本。ジャンルの幅が広い印象。ガンプラはこっちしか無いかも?

『作り方』シリーズは最低限必要な工具の知識があり、(途中で投げてしまったなどでも良いので)一度作ったことのある方や、書籍内容での不足分は自分で調べられる方向け。

といった印象です。

もちろん初心者向けの書籍なので工具紹介などはありますし、難しいことが書いてあるわけではないですが、『作り方』シリーズの方が紹介が大雑把で少し揃えるのが面倒な工具が多い(よほど大きい店でないと同じ物は一店舗で全部揃わないかも)という感じがしました。

これから模型やってみるという方やお子さん向けには『教科書』シリーズをおススメします。
分からないときにあちこち情報調べる方は『作り方』シリーズが良いと思います。

塗装については、初心者向けを謳っているはずなのにエアブラシを使っている物も多いです。
最初からエアブラシを購入するつもりがあるなら良いですが、そういう人は少ないと思いますので、少なくとも1つは筆塗りかスプレー塗りの紹介がされている物を購入すると良いと思います。

模型の本に限った話ではないのですが、ハウツー本の評価はレビューを書いてる人のスキルがどの程度なのか分からないのであまり当てになりません。
書店で見て買うのが一番良いと思います。ビニールなどがしてあっても店員に中身を確認したいと聞けば見せて貰えることが多いです。
(当たり前ですが破損防止や盗難防止の意味があって保護しているので、勝手に破ると犯罪者扱いされる可能性もあるので注意しましょう)


リンクを並べておきますが他もあります。
『教科書』シリーズの方が幅広く扱っています。



『教科書』シリーズはジャンルから更に対象を絞った物(ドイツ戦車編など)も多くあります。


模型:おススメ書籍『スケールモデルの常識と非常識』

製作があまり進んでいないので購入した書籍の紹介。
『模型の作り方』ではなく、『工具の使い方』の本です。

■スケールモデルの常識と非常識
月刊モデルアートの増刊号。
発売から結構経っているため置いていない店も多いですが、現時点でも1巻と3巻は都内の模型屋なら結構見かけます。
2巻は(多分)個人店の通販で置いてありました。

巻ごとに内容構成が違うため、気になる物だけ購入しすべて揃える必要は無いと思います。

・1巻は工具編
デザインナイフ、はさみ、ニッパーなどから始まり、ピンセット、ペンチ、彫刻刀、紙やすりなど、一般的に使われる工具類を多岐にわたりざっとまとめています。
どのように使う工具なのか説明と実際の商品とその違いを網羅しています。

2016年3月発行のため最新ツールは紹介されていませんが、プラモに使う工具類にはどんな物があるのか、どう使うのか、値段による違いは?といった初心者には十分な内容です。
「スケールモデルの」という名称ですがスケールモデルに限らずプラモやガレキでほぼ使える内容です。
(パテ、接着剤、仕上げ材は2巻に収録されています)


・2巻はマテリアル&塗料編
プラスチックの違い、金型の製作やそれに伴う特徴などから始まり、マテリアル(パテ、接着剤系、仕上げ材)とエアブラシ、塗料を紹介しています。
2巻だけやや品薄なのが難点ですが内容、特に金型に絡むプラスチックの成型関係は図と写真付きで詳しく紹介されかなり濃い内容です。
塗料はタミヤ、クレオス(Mrカラー)など買いやすい物が多い印象です。尚、2巻も3巻も筆自体の紹介はありません。


・3巻はウェザリング編
色の見え方などから入り、ウェザリングに使う塗料が紹介されています。
実践編として今までよりも実例がかなり多めなので最初よりも、少し慣れてきたら読みたい内容かも。
海外メーカーのウェザリング塗料なども多く紹介されており、特に戦車などのAFVを作る人向けな印象です。

メタルマックスゼノ レビュー

PS4版をプレイ。

プレイ時間60時間程度。2週目の途中です。

■ストーリー
死の大地と化した かつてのTOKIO地区【デストキオ】

突如出現した、大規模な自然災害に匹敵する超弩級モンスターの来襲で、死滅したかに思えたデストキオの人々。
だが、奇跡的に生き延びたごく僅かな生き残りのものたちは、運命の糸に導かれ、近未来の最新テクノロジーの残された科学の砦「アイアンベース」へ辿り着くことになる。
主人公タリスと人類最後のサバイバーたちの闘いが、今始まる。

(公式より抜粋)


■システム
一般的なRPGのシステムですが、クルマと呼ばれる戦車に乗り込んで戦うことが可能で、大ざっぱに見えつつも繊細なバランスの戦闘システムが特徴です。
クルマで入ることが出来ない場所は白兵戦をしなければなりません。

2週目以降ハンターモードが解禁され、ストーリーがほぼ流れず好きに遊ぶことが可能になります。


■ワールド
機械によって滅ぼされた日本、東京が舞台です。
一部のランドマークが残っている程度で、ほとんどが砂に埋まっています。

人間(キャラクター)もほとんど壊滅状態です。
そのため会話が下ネタ方向によっているという指摘もあります。
残された人間的には仕方ないのでは?とも思うけど。


■グラフィック
低予算で作っているということもあり、ひと昔前の印象ですが最新ゲームのようなリアルさ(植物まで綺麗に描きこまれてるとかそういうの)が無いだけで酷いという程ではありません。
オブジェクトがさっぱりしてる感じ。
フィールドでは昼夜の概念があり、時間帯で少し変わります。


■音楽
いつものメタルマックスという感じでしょうか。
エンディング曲が良かったです。


■過去シリーズとの違い
メタルマックスシリーズは基本的にパラレルワールド扱いのため世界観のみの引き継ぎです。
初期のメタルマックスは白兵と戦車戦の絶妙なバランス、探索やストーリー進行の自由さ、荒廃しつつもどことなくコミカルな世界観が上手く絡み合った印象でした。

・良いところ
ロードが早い。ほぼ無いレベル
システム面で楽になった部分が多い
クルマでの戦闘が楽しい
クルマの改造、生産は楽しい
慣れると面白いシステム(先制システムなど)が多い

・悪いところ
ストーリーが一本道な上、中途半端な部分がある
町が初期拠点ぐらいしかない
ダンジョンに廃墟感がなく、クルマで入れるところが少ない(前シリーズのようにビルのエレベータを使って回ったりクルマで進めるようになるダンジョンが欲しかった)
その影響で白兵が前よりもおまけ的な扱いになっている
面白くなってくるまでに時間がかかる

・どっちともとれるところ
(元々2までは固定ですが)キャラクターが固定になりボイスがついた
マップが最初からエリア単位でフルオープンされている(無いと不便過ぎるので、ある程度近づくと開いてくシステムの方が面白かったと思う)


今作は戦闘面特化になり、周回要素も含めて遊ぶ形式に変更された感じです。


■まとめ
過去作。特に2Rや3に比べてしまうと戦闘特化が良くもあり、悪くもありという感じ。
周回要素は意外と面白い。

その辺りもあり各レビューは賛否両論な感じ。
元々メタルマックスシリーズは評価されるまで時間がかかることが多いです。(そのため生産数が少なく、きっかけがあると過去作が高騰する気がします)

新システムから作っていることを考えると、続編が出れば今回悪かった部分を修正した物が出てくるのではという期待は持てる。
一本道なのは和ゲーの宿命(開発時間とかテスト時間とか)なのかなとも思うけど、もう少し幅があると良かった。

今作からやってみるという方なら十分遊べると思うし、過去作からのファンでも戦闘メインだと分かっててやるなら面白いと思います。

あと、なんでかよくわからないけど面白くなってくるまでに少し時間がかかります。
ん?と思っても折角買ったなら少なくともパーティメンバー全員集まるぐらいまではやってみて欲しいです。

1週だけならそこまで時間もかからないので、戦闘や世界観が気に入ったら4や2Rもおススメです。
4はゼノの発売決定から高騰したのでDL版が安くて良いようです。

模型:タミヤのチャーチルMk.VII ガルパン仕様で製作 part2

2つ目のフレームアームズガールを作ってたので少し空きましたが完成です。

デカールを貼っていて気付いたのですが、車体前方のフックの位置と砲塔左の凸部分もアニメとは違うようです。
フック位置は修正しようとすると面倒そうですが、凸部分は削ってヤスるだけで良さそうなので気になる方は原作かアハトゥンクで調べると良いと思います。

タミヤ チャーチル(ガルパン仕様)
塗装はMrカラーを使用。
車体はガルパン仕様の聖グロリアーナ色。履帯は黒鉄色、機銃は艶消しブラックです。
機銃も黒鉄色指定されてることが多いけど、つや消し黒の方が好みなので。

前回より多めに汚してみたのですが、分かりにくいですね。
車体は砂嵐を抜けたような感じの汚しでライトサンド多めにしてみました。

タミヤ チャーチル(ガルパン仕様)
後部。

タミヤ チャーチル(ガルパン仕様)

思ったより聖グロ色が薄いようで下地が見えるのでサーフェイサー吹いたほうが良かったかも。
牽引ロープは組立後の接着の方が良さそうです。塗りにくくて周辺がムラっぽくなりました。

劇場版仕様でも作りたいのでまた作るかもしれません。最終章で登場すればそちらでも作りたいですね。
デカールもいっぱい残ってるし、クルセイダーやプラウダの戦車も作りたいですね。


次回は船に戻って初霜を作る予定。
最初の陽炎とほぼ同時期に買ってそのまま積んじゃってるのと、製作自体に慣れてきたので多少はスキル上がったかなと作ってみようと思ってます。

組立始める前に気分で変わるかもしれないけど。




チャーチル製作記
part1 / part2

発売日メモ

今月はメタルマックスが楽しみです。
今回は大々的に売り出してるせいで注目されてるのか過去作も売れ切れてしまってるようですね。
クルマの改造周りが今までから少しだけ変更されるようです。

■Games
04/12 シティーズ:スカイライン [PS4]
04/19 メタルマックス Xeno [PS4/PSV]
04/19 ネオアトラス1469 [NS]
04/26 大戦略パーフェクト4.0 [PS4]
05/17 Caligula Overdose [PS4]
06/07 Fate / Extella Link [PS4/PSV]
06/14 GOD WARS 日本神話大戦 [PS4/PSV/NS]
06/14 グランクレスト戦記 [PS4]
06/28 死印 [NS] (PSV/PS4版は発売中)
07/13 オクトパストラベラー [NS]
07/26 ドラゴンクエストX オールインワンパッケージ [PC/PS4/NS/wiiU]
07月 Fate Grand Order Arcade [アーケード]
08/02 世界樹の迷宮X [3DS]
08/09 NG [PSV]

2018年夏 大戦略パーフェクト4.0 [PC/NS](春から延期。PS4版は4/26発売)
2018年冬 キャサリン フルボディ [PS4/PSV]
2018年内 ドラゴンクエストビルダーズ2 [PS4/NS]
2019年春 黄泉ヲ裂ク華 [XBOX1](2017春→2018年夏から再延期。ジャンルもDRPGに変更)


■Books and the others
04/13 ダンジョン飯(6)
04/25 ラグナロク:RE(1)
04/26 異世界迷宮でハーレムを(2) [コミック]
05/02 ポーション頼みで生き延びます!(3)
05/02 老後に備えて異世界で8万枚の金貨を貯めます(3)
05/09 ポーション頼みで生き延びます!(2) [コミック]
05/09 老後に備えて異世界で8万枚の金貨を貯めます(2) [コミック]
05/10 ソードアートオンライン プログレッシブ(6)
05/18 サバゲっぱなし(3) [コミック]
05/23 ガールズ&パンツァー 戦車道のススメ(3)
05/23 ガールズ&パンツァー もっとらぶらぶ作戦です(10)
05/25 ガールズ&パンツァー コミックアンソロジー 聖グロリアーナ女学院&プラウダ高校(3/24から延期)
05/28 ガン&ガール イラストレイテッド 第二次大戦連合国編
05/31 クトゥルフ神話TRPGリプレイ セラエノ・コレクション(2)
06/12 がっこうぐらし(10)
06/12 私、能力は平均値でって言ったよね!(3) [コミック]
06/下 フォールアウト:ボードゲーム(日本語版) [ボドゲ]
07/05 異世界のんびり農家(2) [コミック]
07/10 境界線上のホライゾン(11上)
07/14 私、能力は平均値でって言ったよね!(8)
07/25 異世界食堂(3) [コミック]
07/25 ラグナロク:Re(2)
09/14 リトルアーモリーのつくりかた

2018夏 Fallout: Wasteland Warfare [ボドゲ/予約受付中(英語サイト)]
2018秋 放課後アサルトxガールズ(6) [コミック]
2018末 サバゲっぱなし(4) [コミック]

2018年 アンドロイド:ネットランナー拡張 名誉と利潤(原題:Honor And Profit /Criminal vs Jinteki)(2017年内から延期)
2018年 アンドロイド:ネットランナー 拡張 キタラ・サイクルデータパック 4/6〜6/6 [ボドゲ](1/6〜3/6は公式ページに記載無し。告知はされています)

未定 シャドウラン5th 日本語版(延期の詳細は下記)

※シャドウラン5thの延期について※
延期履歴:2017夏→2017年12月→2018年春→未発表。

2017年夏〜秋頃には翻訳者がツイッターで翻訳は済んでおりレイアウトの作業中と言っています。
5thの翻訳が発表されたため4thの後半のサプリで買い控えが起きてあまり売れなかったため、利幅の問題で出版側が渋っているのではという説も。

2018年4月、相変わらずの再延期で理由も時期も未発表。
会社に問い合わせた方が複数いるようですが、外部には言えない理由としか返ってこない模様。口止めされてるのか、もう作業自体関わってないのか翻訳者も完全にだんまり。
もう出ないんじゃないか説が濃厚になっています。

また英語版5thの発売から結構経っており、5th日本語版が発売したとしても展開中に英語版は6thへの版上げされてしまう可能性もかなり高いと思われます。
そうなるとまた日本語版展開についてどうするんだとぐだぐだになるんじゃないかと不安もありますね。
そもそも版上げよりも追加ルールや世界観のサプリメントを期待している人も多いんじゃないかと思うのですが。

原作(英語)の権利を現在持っているCatalyst Game Labsの方に問い合わせや意見を送る方が効果があるかもしれませんね。英語で送るようですが。

新紀元社の公式発表はこちら

模型:タミヤのチャーチルMk.VII ガルパン仕様で製作 part1

タミヤ チャーチル
次に作るのはコレ。

ガルパンでは聖グロリアーナ女学院のダージリンが乗っている戦車です。
ダージリンは好きなキャラなのでいつかは作りたいと思っていたのですが、パーシングが時間かかったのでIV号の前に作ろうかなと買ってしまいました。

サイトによってチャーチルクロコダイルから作っている場合もありますが、チャーチルMK.VIIをベースに火炎放射器を載せたタイプなのでほぼ同じようです。

今回はアニメ版仕様で作ることにしました。
劇場版仕様で作りたい場合もほぼ一緒です。

違いはアニメ版のみ車体番号の01がついています。
アニメ版ではアンテナがありませんが劇場版だと片方つきます。アンテナのパーツはついておらず説明書に伸ばしランナーを使えと書いてあります。
火が使えないなどで作れない場合は別途、真ちゅう線を買うと良いと思います。普段、薄刃ニッパー使ってる場合は金属用ニッパーなども必要になりますのでご注意を。

タミヤ チャーチル(ガルパン仕様)
大きな改造は必要ないので、初心者でも先達の教え通りに作っていけば問題なさそう。

車体後部のいらないパーツを削って1mmのプラ棒刺して作った溶きパテ(タミヤベーシックパテをMrうすめ液で溶いた物)で穴を埋めました。あればスジボリ用の道具で削った部分の溝を掘ると良いと思います。0.3〜0.5mmぐらいだと丁度良さそうです。
砲塔横もいらない場所があるので一緒に埋めます。
(撮影時は忘れていますが、右側の穴3つもパーツを取り付けないので埋めます)

これらの車載装備ですがアニメでは表現していないだけで、設定上は載せていると公式発表があると書いてあるサイトがあったので、面倒なら説明書通りつけても良いかと思います。

その他の改造場所です。

タミヤ チャーチル(ガルパン仕様)

アニメでは砲塔上の水平から斜面になる場所の左右に走る溝は無い。
ハッチの上に牽引ロープをひっかけるフックがある。
写真ではつけていませんが、牽引ロープのフック部分にもひっかける小さいフックがあるのでこだわりたい方はこちらもつけると良いかもしれません。

タミヤ チャーチル(ガルパン仕様)
車体後部のガソリンタンクは無く、すべて缶。

アスカモデル WWII イギリス車載アクセサリーキット
アスカモデルから出ているWW2イギリス戦車のアクセサリーキットに缶が4つ入っています。缶を組み立ててそのままだと大きくて入らないのでヤスリで削って入るようにする必要があります。
アクセサリーキットは出来は良いのですがAmazonでのキット価格の半額近い1080円と結構高いです。プラ板などで同じような物を作っても良いと思います。

説明書だと砲塔後ろのパーツの下(砲塔との間)に小さい丸いパーツをつけるのですが、ガルパンでは無いようです。
というかガルパンでは後部側が砲塔にくっついちゃってるように見えます。ここは完成後にはほぼ見えないのでそのままにしました。

これ以外に、デカールはモデルカステンが販売しています。
公式ページでのみ販売。vol.6が聖グロとプラウダ用のデカールセットです。



チャーチル製作記
part1 / part2

模型:ガルパン GP-23 M26パーシング part7:完成

ガルパン GP-23 M26パーシング
スミ入れ、ウェザリングでパーシング完成です!

前回より色が明るいのは日の光が当たるところで撮ったからです。
スミ入れも前よりは上手く出来たかな。前回の記事と比較すると輪郭がしっかり出てます。

スミ入れはタミヤエナメルのつや消し黒に少しレッドブラウンを混ぜて行いました。
綿棒をケチらないことが大事だと思います。100均の綿棒だからかすぐ汚れて落とせなくなっちゃうんですよね。その状態で消そうとこすっても塗料を伸ばしてるだけで乾くと見えるようになります。
ウェザリングは足回りをマッド、車体はサンドとライトサンド、砲と排気管まわりをススで軽く汚しました。

車体をサンドとライトサンド両方使ってるのは、ウェザリングしてからトップコート吹いたら、べたっとして筋になってしまったので薄いライトサンドで再度行ったためです。

組立始めから丁度1か月で完成しました。
牽引ロープの改造どうしようとあれこれ悩んでたりで最初に組立がなかなか進まなかったり、轟雷作ってたので結構長くかかりました。
改造とかしないなら2〜3週間ぐらいかなと思います。

色塗りは慣れてきたり、暖かくなってきて窓開けて長時間しやすくなったので土日で終わりました。


ガルパン GP-23 M26パーシング

ガルパン GP-23 M26パーシング
後ろはこんな感じ。
細かいところはともかく、初めて改造してみたにしては良い感じかな。


パーシングあまり人気無いのかAmazonだと結構値引きされてますね。劇中再現には24両とか必要だった気がします。

■M26パーシング製作記
part1 / part2 / part3 / part4 / part5 / part6 / part7

模型:ガルパン GP-23 M26パーシング part6:塗装

 ガルパン GP-23 M26パーシング
 ガルパン GP-23 M26パーシング

エアブラシを買いましたってことも無く、筆塗りです。
細かいパーツで苦労しただけあって、これだけでも随分かっこよくなったように見えます。

以下のMrカラーで塗装しました。

車体:オリーブドラブ2
ゴム部分:タイヤブラック(※)
履帯と予備履帯、機銃:黒鉄色
牽引ロープ:ニュートラルグレイ(※)
排気管周り、砲塔の上の穴の内側など:つや消しブラック(※)

※説明書とは色か塗り方を別にしています。


先に組立て感想ですが、見えない場所は塗りにくいですが、どっちみち見ようと思わなければ見えないわけで、あまり気にしなくて良さそう。
車体の下や転輪の内側はほとんど塗ってません。

最初は車体色から塗ります。
他色を上から塗るではみ出しは気にしない。
最初は全体的に車体の前から後ろ方向の向きへ塗って、2度塗りは左右方向へ塗りました。
更に2回で大丈夫そうかなという所以外は斜めに3度塗り。

履帯自体はほぼ同じ色なので見える範囲を1回だけなぞった程度の塗り方です。
ゴム部分は真っ黒というのも変かなと思ったので変えました。ちょっと明るすぎる気もするので、黒を少し足しても良いかもしれませんね。

この後はスミ入れ、デカール貼り、少しウェザリング(汚し塗装)をしてトップコート吹いて完成になります。
スミ入れは毎回上手くいった実感がないのですが、今回は色的に黒でちょうど良さそうなので上手くいくかなぁ。
ウェザリングはウェザリングマスターを買ってみたので、そちらを使ってみます。

パーシングは次回で完成予定。




■M26パーシング製作記
part1 / part2 / part3 / part4 / part5 / part6 / part7
Twitter
RPG大好きぬるげーまー。 コンシューマ、PCゲーム、ネットゲーム、ソシャゲ、ボードゲーム、カードゲーム、TRPGなどゲームならジャンルも大体何でもやります。 その他、PC、プログラミング、ラノベ、動画作成、模型(プラモ)なども。
管理人のサイト
Wiki-アルフィリンのメモ帳

HP-サービス終了に伴い公開終了しました
Twitter
その他
(C)2005 KOEI Co., Ltd. All rights reserved

当サイトはリンクフリーです。
報告などが無くても相互リンクさせて頂くことがあります。

非難中傷、意味不明な内容のコメントは荒らしとして全て削除しています。

コメント、トラックバックは下書き状態になるよう設定しています。
すぐに表示されない可能性があります。

このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。




最新コメント
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ