アルフィの航海日誌

ゲーム日記&色々ひっそりと書きなぐる雑記帳。

PS3/PS4

メタルマックスゼノ レビュー

PS4版をプレイ。

プレイ時間60時間程度。2週目の途中です。

■ストーリー
死の大地と化した かつてのTOKIO地区【デストキオ】

突如出現した、大規模な自然災害に匹敵する超弩級モンスターの来襲で、死滅したかに思えたデストキオの人々。
だが、奇跡的に生き延びたごく僅かな生き残りのものたちは、運命の糸に導かれ、近未来の最新テクノロジーの残された科学の砦「アイアンベース」へ辿り着くことになる。
主人公タリスと人類最後のサバイバーたちの闘いが、今始まる。

(公式より抜粋)


■システム
一般的なRPGのシステムですが、クルマと呼ばれる戦車に乗り込んで戦うことが可能で、大ざっぱに見えつつも繊細なバランスの戦闘システムが特徴です。
クルマで入ることが出来ない場所は白兵戦をしなければなりません。

2週目以降ハンターモードが解禁され、ストーリーがほぼ流れず好きに遊ぶことが可能になります。


■ワールド
機械によって滅ぼされた日本、東京が舞台です。
一部のランドマークが残っている程度で、ほとんどが砂に埋まっています。

人間(キャラクター)もほとんど壊滅状態です。
そのため会話が下ネタ方向によっているという指摘もあります。
残された人間的には仕方ないのでは?とも思うけど。


■グラフィック
低予算で作っているということもあり、ひと昔前の印象ですが最新ゲームのようなリアルさ(植物まで綺麗に描きこまれてるとかそういうの)が無いだけで酷いという程ではありません。
オブジェクトがさっぱりしてる感じ。
フィールドでは昼夜の概念があり、時間帯で少し変わります。


■音楽
いつものメタルマックスという感じでしょうか。
エンディング曲が良かったです。


■過去シリーズとの違い
メタルマックスシリーズは基本的にパラレルワールド扱いのため世界観のみの引き継ぎです。
初期のメタルマックスは白兵と戦車戦の絶妙なバランス、探索やストーリー進行の自由さ、荒廃しつつもどことなくコミカルな世界観が上手く絡み合った印象でした。

・良いところ
ロードが早い。ほぼ無いレベル
システム面で楽になった部分が多い
クルマでの戦闘が楽しい
クルマの改造、生産は楽しい
慣れると面白いシステム(先制システムなど)が多い

・悪いところ
ストーリーが一本道な上、中途半端な部分がある
町が初期拠点ぐらいしかない
ダンジョンに廃墟感がなく、クルマで入れるところが少ない(前シリーズのようにビルのエレベータを使って回ったりクルマで進めるようになるダンジョンが欲しかった)
その影響で白兵が前よりもおまけ的な扱いになっている
面白くなってくるまでに時間がかかる

・どっちともとれるところ
(元々2までは固定ですが)キャラクターが固定になりボイスがついた
マップが最初からエリア単位でフルオープンされている(無いと不便過ぎるので、ある程度近づくと開いてくシステムの方が面白かったと思う)


今作は戦闘面特化になり、周回要素も含めて遊ぶ形式に変更された感じです。


■まとめ
過去作。特に2Rや3に比べてしまうと戦闘特化が良くもあり、悪くもありという感じ。
周回要素は意外と面白い。

その辺りもあり各レビューは賛否両論な感じ。
元々メタルマックスシリーズは評価されるまで時間がかかることが多いです。(そのため生産数が少なく、きっかけがあると過去作が高騰する気がします)

新システムから作っていることを考えると、続編が出れば今回悪かった部分を修正した物が出てくるのではという期待は持てる。
一本道なのは和ゲーの宿命(開発時間とかテスト時間とか)なのかなとも思うけど、もう少し幅があると良かった。

今作からやってみるという方なら十分遊べると思うし、過去作からのファンでも戦闘メインだと分かっててやるなら面白いと思います。

あと、なんでかよくわからないけど面白くなってくるまでに少し時間がかかります。
ん?と思っても折角買ったなら少なくともパーティメンバー全員集まるぐらいまではやってみて欲しいです。

1週だけならそこまで時間もかからないので、戦闘や世界観が気に入ったら4や2Rもおススメです。
4はゼノの発売決定から高騰したのでDL版が安くて良いようです。

ニーアオートマタ レビュー

基本的なエンディングが全て見終わったところ。

プレイ時間40時間程度。
トロフィーもそこまで難しくなさそうです。面倒ならクリア後にゲーム内で購入可能。


■ストーリー
突如、異星人の攻撃に晒された人類は月へ逃げた。
エイリアンは機械生命体を生み出し地球を侵略し始める。
それに対し人類は地球を奪還するためにアンドロイドを作り出してエイリアンとの戦いが始まる。
膠着状態が続く中、新型アンドロイドの戦闘部隊「ヨルハ部隊」を投入する。

と始まるストーリー。

前作(ニーアゲシュタルトorレプリカント)から1万年近い後の話で直接的なつながりは無く、前作をプレイしている必要はありません。
こちらの作品が終わって気になるならやっても良いかもといった程度です。


■システム
シューティング風味のアクションRPG。
今作ではシューティングシーンも結構あります。

キャラクターにはLv、武器、ポッド(サブ武器のようなもの)、チップ(防具、アクセのようなもの)があります。
武器は近接攻撃用、ポッドは遠距離攻撃用。
チップは攻撃強化、オート回復などの種類とコストがあり自分の最大コストまで自由に組み合わせてセットします。
珍しいのはチップの中にはGUI表示(HPバーを表示、経験値を表示など)などもあり、外してしまうと見えなくなります。代わりにコストが浮くのでその分火力や防御力をあげることが可能。
チップのコストは幅があり、ショップで販売しているものは割にあわない高コスト品です。やり込む場合はドロップで集めて強化していくことになります。これだけでもかなり時間がかかると思います。(最低コストのチップはマークがついている)


■ワールド
地球が舞台ですが流石に1万年も先なのでランドマークとかが残ってるとかはないようです。

オープンフィールド型のゲームに比べると狭め。
といってもあっちこっち移動したり往復したりするのが面倒なほど狭いわけでもないです。


■グラフィック
綺麗ですが、最近にしては随分簡素な方。
洋ゲーをやる人だと細かい部分は雑だなぁという印象を持つかもしれません。(ビルの屋上にある部屋が空っぽだったりする)
世界観的にも何か残っているのはおかしいですし、気にするほどでもないです。


■音楽
もちろん相変わらずの良音楽です。
ただキャンプの音楽がモンハンに似てるのが気になる。


■まとめ
相変わらずの悲劇風味なお話ですが、前作のように泣ける場面(一気に落とす場面)は減ったかも。
とはいっても前作よりはほんのりと報われそうな感じもあり、そこがまた良かった。

今作はエンディングが26パターンあるようです。
ほとんどがイベント時の任務放棄などですぐ終わっちゃうパターンですが。


今作もばっちりおススメ出来る作品。
一部バグがあるようなのですが、パッチで修正されている&いくようです。

またDLCも発表されています。(内容はまだ不明)

Let it Die レビュー

塔の半分ぐらいプレイ。


■ストーリー
2026年に起きた地殻変動後の世界。
バルブの塔の最上階を目指す話。


■世界観
世界崩壊後の話でバルブの塔を上ると何かがあるという話。


■システム
基本無料。
クレジットカード利用のため実際は100円かかりますが石で返還される仕組みです。
最初に倉庫の枠を広げたいので無駄ではないですし、これが100円なら十分だと思います。
追加の課金で石やレシピを購入可能です。(レシピはゲーム内でも入手可能)

デモンズソウル系統のような高難易度のアクションにローグライクなハック&スラッシュを混ぜたゲーム。
装備なども自給自足(といっても拠点に店はあるし、倉庫もある)。
ファイターを操作して戦っていきます。

死亡すると石でのコンテニュー可能。
コンテニューしない場合、ファイターはヘイターとなりその階に残り敵となります。
別のファイターでヘイターを倒すと回収可能。
また他プレイヤーのヘイターが探索中に出てくることも。

装備とは別にデカールというシールを自分に貼ると強化される。
プレミアムデカールは死亡しても無くならない。これは低階層で金策していても比較的簡単に入手可能。

ファイターは塔を登ることでグレードの高いファイターを購入可能となる。


■グラフィック
全体的な雰囲気は10階ごとに変化する感じ。
そこそこグロめ。


■まとめ
全体的には面白い。
難易度もデモンズソウルほど難しくはない。

石のコンテニューシステムのせいで金かければある程度レベル上げつつ、さくっとクリア出来そうかな。
逆に石を使わない場合、死亡ペナルティが非常に面倒。お金で回収することも可能だが、死にまくるほど悪循環に陥ってしまう。

グレードが上のファイターが解除された場合、手持ちのファイターはそのグレードになれば良かった。


どうもキャラ育成に時間がかかるのと、中途半端なマルチ部分がいらなかった気がする。
というかマルチシステムのせいで金策しにくい。

もうちょっと全体的なバランスが良ければ……と思ってしまう作品。
パッケージ版が3/9に発売する。様々なアイテム付きなのでこちらから始めるのも悪くなさそう。

スターオーシャン5 レビュー

もう少しでクリアぐらいですが、そのまま積んじゃってるのでレビュー書いてしまいます。
プレイはPS4版です。

・ストーリー
地球を飛び出し銀河連邦が出来てから少し経った時代。(2と3の間)
今作はフェイクリードという銀河連邦未探査領域にある惑星が舞台です。
クロノスと呼ばれる銀河連邦とは別所属の団体との話になります。


・システム
Lvとスキルポイント制の成長システム、戦闘もPTフルメンバーで戦う以外は旧シリーズとあまり変わりません。
小攻撃>大攻撃>防御>小攻撃という3すくみ制ですが、意外とシビアで序盤はステータス補正もあるためか防御はあまり意味が無い印象です。
戦闘まわりは前作のボードシステムと違ってなんとなくですぐ遊べると思います。

PAが非常に多く、話すだけというイベントもあります。
一々発生させて話すのが面倒という人もいますが、スターオーシャン独特のシステムですし、もっと多くても良いと思います。


・ワールド
ほぼ全てが惑星フェイクリードでの話になります。
かなり狭く、何回も同じマップをうろうろさせられます。

ワープ(要はルーラ)を覚えるとほぼ全てのマップに移動出来るため楽になりますが、わざわざ船を経由しないといけないのが面倒です。


・グラフィック
非常に綺麗で作りこまれています。
あいかわらずキャラクターはちょっと人形っぽいですが4ほどではなく、すぐなじむと思います。
イベントの会話中なども、しっかり話し相手の方を向くなど細かい部分はよく出来てます。またカメラを回せることが多いです。


・音楽
スターオーシャンらしい音楽。
限定版だとヴァルキリープロファイルの音楽に切り替えることもできます。今後DLCなどで追加する予定があるのでしょうかね。


・まとめ
全体的にこじんまりとした印象。
ストーリーもなかなか展開が無く、繰り返しが多いです。

特にマップの使いまわし(というか進展のなさ)が目立ち、その辺が評価を下げていると思います。
またカテドラルという探索用ダンジョンもありますが、こちらもただ戦闘を続ていくだけのダンジョンで使いまわしになっています。(ラストの方だとボスすらも同じ)

ロードまわりはかなり短く、テンポよく遊べます。
その他の点ではスターオーシャンらしさも残っていますし、面白いです。

とにかく全体的にボリューム不足なのが足を引っ張っています。
マップが2〜3倍ぐらいあれば良かったのにと思ってしまいますね。

Amazonでかなり安くなってますし、気になるなら買っても良いと思いますが、シリーズ未経験者におススメ!とまではいかないかな。


※グラフィックやロードまわりはPS4版の感想です。

Fallout4:ラジオの曲

ラジオ曲をまとめたサントラがi-Tunesに900円で売ってるんですね。(個別だと200円)
買ってしまいました。

リンク先は英語wikiです。
wikiでの分類を一応書いておきます。
とりあえず一覧ですが、翻訳するかは不明。

・Uranium Fever
歌詞:http://fallout.wikia.com/wiki/Uranium_Fever

・It's a Sin
Fallout:New Vegasに分類。
歌詞:http://fallout.wikia.com/wiki/It's_a_Sin

・Hangover Heart
Fallout:New Vegasに分類。
歌詞:http://fallout.wikia.com/wiki/Hangover_Heart

・Dear Hearts and Gentle People
Fallout3に分類。
歌詞:http://fallout.wikia.com/wiki/Dear_Hearts_and_Gentle_People

・Mad About the Boy
Fallout:New Vegasに分類。
歌詞:http://fallout.wikia.com/wiki/Mad_About_the_Boy

・I'm Tickled Pink
Fallout3に分類。
歌詞:http://fallout.wikia.com/wiki/I'm_Tickled_Pink

・Jingle, jangle, jingle
Fallout:New Vegasに分類。
歌詞:http://fallout.wikia.com/wiki/Jingle,_Jangle,_Jingle

・A Wonderful Guy
Fallout3に分類。
歌詞:http://fallout.wikia.com/wiki/A_Wonderful_Guy

・Atom Bomb Baby
歌詞:http://fallout.wikia.com/wiki/Atom_Bomb_Baby

・Rocket 69
歌詞:http://fallout.wikia.com/wiki/Rocket_69

・Worry Worry Worry
歌詞:http://fallout.wikia.com/wiki/Worry_Worry_Worry

・Whole lot of Shakin' goin' On
歌詞:http://fallout.wikia.com/wiki/Whole_Lotta_Shakin'_Goin'_On

・Grandma Plays the Numbers
歌詞:http://fallout.wikia.com/wiki/Grandma_Plays_the_Numbers

・Battle Hymn of the Republic
リパブリック賛歌。
ゲーム内で聞けるか不明。

囚われし魂の迷宮:下層へ

中層が周り終わったので下層を探索中です。
後衛用の武器が欲しいよ。まだスリング。

囚われし魂の迷宮

囚われし魂の迷宮:中層探索中

試練の迷宮5F、シーイン4Fまで周り終わりました。

なかなか武器が落ちず火力が無くてひーひー言いながら中層まわるものの5Fが厳しすぎて断念。
試練1Fのバンシーが良い装備落とすと聞いて狩ってみたらブシドーブレード落としたのでかなり楽になりました。
他キャラの装備もシーイン4Fで集めたいところ。

囚われし魂の迷宮

囚われし魂の迷宮

10月までお安く買える+PSNのキャンペーンに入ったので購入してみました。

微妙に移動とかがもっさりしてるなぁ(´・ω・`)
絵柄が1種族男女1枚ずつなのでかぶらないようにすると、どうしても種族とあわない職業が。。

wiz
侍、戦(君主予定)、戦、盗、司、僧で組んでみました。

初音ミク -Project DIVA- ドリーミーシアター 2nd

発売日(4日)に今日出るのか。と気づいて慌てて購入しました。

基本はグラフィックが綺麗になっただけではあるのだけど、前作の曲もプレイ可能というのが大きな違い。
コントローラー使えるというのも結構違うかな。

グラフィックの制作や微調整などもあるようですが値段が3900円とちょっと高い気もするかなぁ。
PSP版の認証必須のためゲーム自体はプレイ済だろうし、久しぶりにやってみるか程度だとちょっとためらうお値段。
新曲や新モジュールを少しだけ追加してくれるだけでもお得感が違う気がするのだけど、そこまですると割に合わないのかな?

特に大きな追加などは無いため、PSP版が気に入っていて綺麗で大きな画面でやりたいという人、前作はやってないという人向け。

がっつりゲームするのも面倒だなぁというときに15分ぐらいとか飽きるまでとかでも手軽に遊べるのは良い。

※プレイにはPSP版の初音ミク Project DIVA2が必要となります。
PS3版ではモジュール(衣装)の解除自体は出来ないため、モジュールを変更したい場合はまずPSPをプレイして解除してから認証する必要があります。
PS3でプレイ後に再度PSPのセーブデータを認証することは可能です。(初回の認証でモジュールを全て解除しておく必要はありません)

メルルのアトリエ

2週目終わりました。
温泉エンドの優先度が高いようで、他を満たしてもエンドが見れず3週目突入の予感。
あと今回は個別イベントのみでエンドまでは無いとか、ちょっと寂しい。

ステータス
2週目終盤のステータス。

調合
調合
調合画面はこんな感じ。
トトリのときより見やすくなった。

ソフマップ特典
ソフマップの特典テーマはこんな感じだった。
ずっとトトリの時の特典テーマだったのでこちらへ変更w

トトリのときの記事はこちら
比較してみたい人はどうぞ。

とともの。2G:とりあえず

行ける範囲がぼちぼち増えてきました。

最序盤は金がきつかった。
魔女の森で稼ぐとかなり増えたので装備もちょっとずつ買い換えてます。
材料集めて作った方が安いのだけど素材の量が多くてなかなか作りきれない。

SS撮る時の画面サイズを小さくしました。

あんていしてそだってます

きんりょくあがらん(´・ω・`)

かりょくぶそくなきがしてきた

はやくゆみがもちたい

さすがふぇありーHPがひくい

まじゅつし

とともの。2G:入学しました

評判は微妙な感じだけど買ってみましたw
1度ヒューマン多めで作ったのだけど、どうも特殊なクラスは種族縛りが多いので作り直しました(;´ρ`)

通常画面

せんし
HFO(ヒューマンファイター男の略らしい)
アタッカー。

のーきんけんし
フェルパー(獣人タイプ)の剣士。
ヒューマンから転生w

かくとーか
ヒューマン、格闘家。
フェルパーでビーストに転職するか悩んだけどヒューマンの絵の方がしっくりきたw

ごれんじゃー
クラッズ(ホビットタイプ)のレンジャー。
ヒューマンにしてガンナーへ行くか悩んだけどこちらも絵的に。

ふぇありーまほーつかい
フェアリーの魔法使い。賢者予定。
ヒューマンから転生。フェアリーしか賢者になれないんですって(´・ω・`)

ひゅーまんまほーつかい
ヒューマンの魔法使い。
エルフにして精霊使いへいくかと悩んだのだけど人間と相性が悪く、ノームで錬金へいくかと思ったら初期の魔法使いになれずで結局人間に。


以上のパーティで進めていこうと思います。

トトリのアトリエ:トゥルーエンド完了

装備は揃えてありますが、きっちりやってけば全フラグ立てても1年ぐらい余りました。

そして、トロフィーもコンプ。
やりこみのボス系は一切手をつけてないので、まだやれることはあるのだけど、どうしようかなぁ。

トトリのアトリエ:トロフィー


トトリのアトリエ:トゥルーエンドを目指して

@1ヶ月で免許更新時期というところまで来ました。


現在は

ジーノ:LV24止め 俺型クリティカル習得済
メルヴィア:友好60
ミミ:LV30ぐらい、大喧嘩イベント済
マーク:遺跡行き
ロロナ:冒険と錬金どっち済 錬金LV不足
ステルク:後はぬし釣り

ちむ:消費パイ約1200個
お金持ち:料理対決済 47万コール辺りキープ
ノーマル:船素材、免許更新待ちのみ


パイ3500個が間に合うんでしょうかね。
見てないエンディングがちむエンドとトゥルーのみで、パイの消費なんて気にしたことが無いのでちょっと心配。

免許更新が済んでノーマル確定したら寝てすごして確認してみる予定。


Twitter
RPG大好きぬるげーまー。 コンシューマ、PCゲーム、ネットゲーム、ソシャゲ、ボードゲーム、カードゲーム、TRPGなどゲームならジャンルも大体何でもやります。 その他、PC、プログラミング、ラノベ、動画作成、模型(プラモ)なども。
管理人のサイト
Wiki-アルフィリンのメモ帳

HP-サービス終了に伴い公開終了しました
Twitter
その他
(C)2005 KOEI Co., Ltd. All rights reserved

当サイトはリンクフリーです。
報告などが無くても相互リンクさせて頂くことがあります。

非難中傷、意味不明な内容のコメントは荒らしとして全て削除しています。

コメント、トラックバックは下書き状態になるよう設定しています。
すぐに表示されない可能性があります。

このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。




最新コメント
月別アーカイブ
気になるもの
  • ライブドアブログ