アルフィの航海日誌

ゲーム日記&色々ひっそりと書きなぐる雑記帳。

Magic:TheGathering

MTG:ミラディン包囲戦発売!

本日発売のミラディン包囲戦を買ってきました。

ファイレクシアの汚染がひどい進んだようで前作ではミラディン派しかなかった白にも汚染されたファイレクシアマークのカードがあります。
この辺は世界観を楽しむためのもので、派閥制限のゲームに参加しない限りどっちのマークでもシステムには影響しないデザインですが。

一部のカードにカーンの姿が。カーン自体は最後のエキスパンションで出てきそうです。
最後のエキスパンションはミラディン派とファイレクシア派の2種類があり、公式イベントで勝ち数の多い方が出るようです。
この結果によってカーンの派閥マークが変わりそうな気がします。

また今後の背景ストーリーにも影響するんじゃないかなぁ。と考えると次回のブロックは現段階で構想はすんでそうなので違う次元か新しい次元の話になりそう。

ミラディン包囲戦

MTG:ミラディンの傷跡

発売したぞーーーブォン('ω'=三='ω')ブォン

とりえあずブースター1箱買ってきました。
昨日全部開けるつもりだったのだけど、結局開けずにまだそのままw

神話レアの黒ドラゴンが欲しい。
36パック開けると神話4枚ぐらいは入ってる確率だよねえ。

しかし、店によって1箱の値段が全然違う。。
Amazonさんはかなり安くて12000円ぐらい。池袋とか秋葉の店によっては予約特価で10800円とかもあったけど。
普通は1パックごとのバラで売ってて、この時点で店によって300〜440円と差があるからだろうけどね。


ミラディンの傷跡

大霊堂の王

ミラディンの傷跡のカードが紹介されていました。

ゲスさんぱねえっす。
起動コストにタップ含まれてないしw

青黒でライブラリー破壊デッキにも使えそうねえ。


大霊堂の王、ゲス
伝説のクリーチャー ゾンビ

コスト:(4)(黒)(黒)
5/5

威嚇(黒でもアーティファクトでもないクリーチャーにはブロックされない)

(X)(黒):対戦相手の墓地にある点数で見たマナコストX点以下のクリーチャーかアーティファクトカードを1枚、あなたのコントロール下でタップ状態で戦場に出す。
その後、そのプレイヤーのライブラリーの一番上からX枚のカードを墓地に置く。

http://mtg-jp.com/reading/translated/008390/

Magic:The Gatrering

4〜6版、ミラージュ〜メルカディアンマスクス辺りまででプレイしてなかったのですが8年の間をあけて復帰しました。

10月にミラディンの傷跡が出ると新しいブロックになり、アラーラブロックが落ち、ゼンディカーブロックも1年しか持たないということで、現在は基本セット2011(12版)のみでプレイしています。
しかし今のルールに少し慣れてくると基本セットだけだと物足りない感じがしなくもない。

プレイした感想は全体的にスローになった。
軽くて使いやすいクリーチャーが減って、そこそこのコストで能力の良いクリーチャーが増えたような印象。
そのせいか基本セットの構築済みデッキを見ていると入れる土地カードが昔より増えている。
ただショック(赤1マナ2点ダメージ)が消えて稲妻(赤1マナ3点ダメージ)が再録されているなど、スローになっただけでもない模様。

また色の役割が若干変化している。

基本セット2010でルール変更があったようで、結構間違えてたりします。
復帰組の間違いやすいルールを少しあげてみます。

【マリガン】
どのような手札でもマリガン可能。最初のマリガンから次回の手札カードを1枚減らすようになった。
先攻と後攻が同時に行うようになった、マリガンを行ったプレイヤーは再度マリガンするか決めるという流れになった。
(前は先攻がマリガンしたいだけしてから後攻が行った)

【マナバーン】
過剰マナによりライフを失わなくなった
土地破壊時などに「とりあえずマナを出しておく」ことがしやすくなった

【接死とトランプル】
2011で再度変更されている。
接死は戦闘ダメージ1点でも与えればクリーチャーを殺せる能力。
トランプルも持っている場合、1点の致死ダメージを与えれば倒せるので残りのダメージは相手プレイヤーへ貫通させられる。

【ダメージ】
ダメージはスタックにのらなくなった。
戦闘ダメージが乗ってから生贄にささげるなどが出来なくなった。

【プレインズウォーカー】
パーマネント。同種のプレインズウォーカーが戦場に出た場合、両方が墓地送り。
クリーチャー呪文ではないことに注意。
能力はソーサリーと同タイミングで使用可能で、1ターン1回まで。
忠誠値や戦闘ルールについてはwikiなどを調べること。

【アーティファクト・装備品】
クリーチャーに装備させることが出来るアーティファクト。
エンチャント(オーラ)に似ているが、戦場に出た時点では装備されていないこと。
コストを払えば別のクリーチャーに装備の付け替えが可能であること。
クリーチャーが戦場から離れてもアーティファクトは戦場に残ること。
なと違う部分もある。
特別な表記が無い限り「外すだけ」は出来ないので注意。
尚、装備のタイミングはソーサリーと同タイミング時のみ。

【呪文や能力の対象になったとき】
打ち消されても対象になっているので処理される。

【神話レア】
ブースターの中のレア枠が稀に置き換わっている新しいタイプのレアで10パック程度に1枚入っている。
神話レアの数自体は少ないことと、単純に強いカードというわけではないので価値はそこまで高くないこともある。
色はくすんだレア色(オレンジ)っぽい。

【召喚酔い】
概念はあるが言葉自体は無くなった。
自分のターン開始時から継続してコントロールしていないクリーチャーは召喚酔い状態である。
パーマネントがクリーチャー化した場合、そのパーマネントをターン開始時からコントロールしていたかが問題となる。
土地を戦場に出しそのターンにクリーチャー化した場合、そのターンその土地をタップしてマナを出せない。
(クリーチャー化したことで召喚酔いの影響を受けるようになる)

【用語の変更】
レジェンド → 伝説のクリーチャー
エンチャント(クリーチャー) → エンチャント・オーラ(クリーチャー)
場 → 戦場
ゲームから取り除く → 追放(追放領域という場所に置かれる)
埋葬 → 破壊され、再生できない

絆魂 → この能力を持つ発生源がダメージを与えた場合、その発生源のコントローラーにそのダメージに等しいライフを増加させる
警戒 → 攻撃してもタップしない
防衛 → 攻撃に参加できない(前の壁の召喚と同じ)
瞬速 → インスタントと同じタイミングで呪文を唱えて良い
プロフィール

■DQ10■

■アルフィリン
生産-防具鍛冶

■その他Link■
Wiki-アルフィリンのメモ帳

livedoor プロフィール
Twitter
その他
(C)2005 KOEI Co., Ltd. All rights reserved

当サイトはリンクフリーです。
報告などが無くても相互リンクさせて頂くことがあります。

非難中傷、意味不明な内容のコメントは荒らしとして全て削除しています。

コメント、トラックバックは下書き状態になるよう設定しています。
すぐに表示されない可能性があります。

このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。







最新コメント
月別アーカイブ
気になるもの
  • ライブドアブログ