アルフィの航海日誌

ゲーム日記&色々ひっそりと書きなぐる雑記帳。

PSP/PSV

P4G:ペルソナタノシ━ヽ(゚∀゚ )ノ━!!

最近国産のRPGはあまりハマらないなぁ。とスルーしよか悩んでたのですが、プレイしてる人も多くて結局購入してしまいました。

進行状況はりせちー救出したところ。
アニメでストーリーある程度知ってるのもあり、序盤の1〜2時間ぐらいが退屈だったけど、そこからは普通に面白い。

メインストーリーはタイムリミット付で一本道であるものの、それ以外は何するかは自由。
ダンジョンでレベル上げやペルソナを捕まえてきて合体させまくってもいいし、町中で自分磨き(笑)してもいいし、友達との絆を深めてもいいし、バイトしてもいい。
むしろ、やること多すぎ/(^o^)\

一度テレビ(ダンジョン)に入っちゃえば出るまで時間進まないので、永遠篭ることも可能。
装備やアイテムを買いに行けないというのはあるけど、最悪ぎりぎりまでメインストーリー放置して救出するまでテレビから出ないという手もありっちゃありかも。

テレビ内はフロアの移動でリセットされ再構築されます。ある程度パターンはあるものの、レベル上げやペルソナ集めでだらだらとずっと同じマップをうろつくよりは良いと思う。

PS版をやってないのでどの程度調整されてるのかは分からないけど、町中のショートカットだけでなくダンジョンでも階段発見しておけばショートカット出来るなど丁寧な作りという印象。

古いゲームだからか、ダンジョン構造やボス戦がちょっと長め。
戻らずに回復しようとするとやや面倒、オンラインモードでSOS出せば1人ぐらいはほぼ必ず応援飛んでくるいまのうちに遊べる方が楽かも。

RPG好きならやって損は無いと思う。久々のおススメゲー。

ラグナロクオデッセイ:ネット対応!

やっとネット対応アップデートとなりました。

ぎりぎり3月内におさまった。という人が多いですね。
ネトゲ歴が長いせいか3月って言ったら3月末、早くて下旬後半だよね。っていう印象が普通になっているせいで特に何とも思わなかったなぁ。なんて思いつつ。
最近のは日にちも予告することが多いように感じるけど、昔のネトゲって何月にアップしか書かないの多かった。

アップデート前にチャプ6のボスに挑戦したら一撃死で萎えて結局積んじゃってたんだけど、しょこさんに手伝ってもらってクリア!
マルチで遊べると面白さが全然違うわw

アップデート前にコンプしちゃってる人はトロフィー貰ったら4月のアップデート待ちって感じになるのかな。

ラグナロクオデッセイ:アップデート発表

3月中にアップデートがあるようです。
オンライン対応も入ってる模様。

3月頭の方でやってくれれば、まだ人もそれなりにいるかな?
逆に3月末とかだと発売から2か月経っちゃってるのですぐ過疎りそうw

4月に新ボスとかも追加されるらしい。
スクショ機能の対応はしないのかな。不便過ぎる。

公式発表はこちら
http://ro-vita.jp/update/

ラグナロクオデッセイ:感想

まあまあ面白いけど、物足りない感じ。
かなりモンハンを意識して作ってると感じるので、比べてしまうのもあるのだろうけど。
ソードのみでチャプター5ぐらいまで終わらせた時点での感想です。


可愛い系のグラフィックも良いし、アクション部分もそこそこ面白い。

基本囲まれるとフルボッコされるが、DS使用中は無双っぽくなって爽快感もある。
敵の種類も序盤から結構出てきてそこまで少なくは感じない。
中盤辺りからはさすがにカラーバリエーションのみの敵も増えてくるけど行動が違う敵が出てくるのでそこまで気にならない。

ただリーチ長い敵に囲まれてこけるとなかなか抜け出せないことが稀にだけどあるのはイラっとする。
さすがにそれだけで死ぬことは無いけど敵の攻撃も結構強いので、そのままかなり体力持ってかれてしまう。

とにかく最初に気になったのは職業と武器の関係。
現状だと職業ごとに武器が固定のため、武器を持ち替えた時点で職業がかわるシステムの方が良い。
武器の持ち替えのために一々転職させるのは手間なだけではと感じる。
転職した時点でその職の最後に装備してた武器かなんかにかわるみたいではあるけど、そこから武器を変える場合、手間だよね。

・武器について
武器のグラフィックが圧倒的に少ない。
基本名称にオプション名が付属した上で武器のステータス、更に同名でも付属能力がある程度変わるので種類自体は多いのだが、カラー以外のグラフィックは武器ごとに4〜5種程度。

・衣装について
カードの差し込みで能力が変わるんで好みの服が着れる。
中盤で職業関係なく装備可能になり、数もそこそこあるけど、こっちは武器の逆でカラーバリエーションが1つの服につき4種ずつしかない。
部位ごとに変化する形なのでモンハンのカラーみたいに好きにいじれるぐらいでも良いのでは。
それと1種の服につき1個しか持てないからカラー違うのを複数揃えておけないw

頭部は完全に飾り、作成に素材使うんだし頭部用カードでスキルとかあっても良かったと思う。
見た目がアクセサリーか帽子っぽいのばかりなので、もうちょっとカッコいいのがあっても。。

・武器作成・精錬について
1段階目の精錬はこのボスの素材で、2段階目の精錬はこのボスの素材で。みたいに決まってるのでどの武器作るにしても結局同じように回ることに。
強制的に全部のボスをまわらされるようなもんなので、何作ってても似たり寄ったり感がある。
パーティプレイで「そのボス行く必要ない」ということを避けたかったのかなぁ。システム的にデメリットはないけど「あまりそいつ行ったことないんだよね、どう倒すの?」とかいう会話は無くなると思う。

・その他
クエスト終了時に、「終了」「(クローゼットに)送る」「売る」「クローゼット整理」で□ボタンで残り全部も選べるようになってるんだけど、「終了」選んだら売って終わるにすれば「売る」の選択肢無くても良い。
確かめてないんで実際はどうなってるのか分からないけど、売ったからといって損しないのに素材破棄みたいな「終了」のボタンがなんであるの?と感じる。

どの敵何匹倒したとかのモンスター図鑑とか、アイテム図鑑みたいのがあると良いと思う。
もしかしてどっかで見れたりするのかな。

発売から2週間の時点でまだネット対応の時期未定っぽい?
アドパが使えないから、対応してくれるのは嬉しいけど最初から標準であった方が良かった。
荒削りな感じもするけどバトルシステムとか好きな衣装が着れるカードシステムとか良い部分も多いのは確かなので余計もったいない感じ。

今後もちょくちょくアップデートしていきたいという話を信じれば、もっと良いシステムになりそう。
ネトゲみたいに資金回収出来るわけじゃないから、多分ちょっとしたデータ追加程度でシステム自体はいじらないだろうなぁと思ってます。
PSNでの配信費用って配信する企業持ちらしいので、そんなにしょっちゅうやってられないだろうし。

個人的にはモンハンが発売しちゃったらいらないというレベルではあるものの、気になるなら買って損はしないレベルでもあるかな。
ホントにつまらなかったらチャプター2ぐらいで積んでると思うしw

出来れば一緒に遊べる人がいた方が良いのは言うまでもなく。

忍道2:クリア

ちまちまと進めてクリアしました。

携帯機なのにマップがかなり広いなと感じたりPSVの実力も分かる。
敵が仲間の死体を発見すると近くの井戸まで捨てに行くというのも面白いですね。
使い道はあんま無い気がするけど壁走りとか細かいアクション要素が多いのも良い。

難易度は普通で開始したけど、リトライ出来るのでそんなに難しくは感じなかった。
難易度上がると牛車関係はリトライ出来ないので難しくなるかも。

ああ、それと背面タッチは暴発するんでオフにして使いませんでした。
最初なんで一人称視点になって戻らないのかすごい悩んだ。。

あと鉤縄を使うと屋根とか上側に勝手に上がって発覚とかするのがちょっと鬱陶しいかな。
屋根のやや下辺りにあてればふちにしがみ付けるけど、失敗すると発覚。

ストーリー自体は短いけど周回要素あるしやり込めるタイプのゲーム。
忍者が好きとか、多少の間抜けっぷりに笑いながらステルスゲーやりたい人にはおススメ。
ステルスと言いつつ絶対見つかっちゃいけないってタイプでもないんで強引に口封じしながら進むことも出来たりします。
この手のタイプがリアルになっちゃうとクリア不可能になっちゃうだろうしね。

忍道2:始末屋

称号が始末屋とかいうのになってた。

鍵縄の長さもレベルでポイント振らないといかんのかw
どうも短いと思った。

勢力としては反乱軍の風天家に付くのはやめた。
全滅任務ばっかりやってたら一条家の兵士しか減らないんだけどね。

死体をかついで井戸に捨てられるのが楽しい。

忍道2:少しだけ

チュートリアル+αぐらいやってみました。
序盤は屋根の上に敵いないから簡単だなw

忍道シリーズは初期の天誅シリーズの開発会社と一緒です。
版権の関係で天誅という名前で作れなくなったためタイトルを一新するはめになったようです。
用語などは違いますが、基本部分はほぼ一緒と考えて良いと思います。

天誅シリーズは3ぐらいから奈落ばっかりのマップとか屋根からしか入れない家とかリアリティなさすぎという残念なゲームになってしまいましたからね(´・ω・`)

しかし画面綺麗過ぎだなぁ。
PS1でやってた当時の印象が強いから余計そう感じるのかも。

薬品の調合やスキル制度、どのリーダーを支援していくかなど忍道としてのシステムも面白い。
たしか発覚しないか発覚した相手を消せば、敵側からの好感度も下がらなかったはず。
さすが忍者。ひどい。

天誅シリーズが好きだった人なら絶対楽しめると思います。
またアクションが苦手な人向けに遠くからでも血祀れるシステムが追加など優しくなってます。
天誅シリーズのAIって間抜けだったけど、このゲームだとFPSみたいな優秀なAIよりちょっと間が抜けてる方が面白い気がする。

PSV:発売

本体だけ予約してあったので午前中には届いたのだけど、フィルムとメモリが無かったので午後買ってきました。
一応ソフトも忍道買ってきました。

まだ忍道はやってないのだけど雑感。

タッチパネルが思ったよりスムーズ!
androidを少し使ったことがあるのだけど、ひっかかる感じがして使いにくかった覚えがあったので。。

背面タッチも上手く使えるソフトが出て来れば面白いかもしれません。
画面はすごい広く感じます。PSPと比べて縦横2倍ぐらいなのかな。

メニュー画面とかフォト表示がタッチでしか操作出来ないのが不便です。
ボタンも使えるようにして欲しいなぁ。

SIMカードが最初からささってるタイプだったみたいで、初期起動時に設定してしまったようです。
後から設定画面で通信に使わないようにしたんだけど期限切れると使えなくなりますね(´・ω・`)

PCからのコピーなんかは面倒。
ツール入れるようだし管理画面とかがちょっと使いにくい。
PSPと同じでフォルダに突っ込めば良いような形で良かったと思う。

7ドラ2020:もう少し

なんだかんだで面白いので進めてしまいます。
前作より面白いかと言われると「うーん?」ですが。

途中で、あれ?というキャラが出てきたりと時間軸では前作より前の話なんですね。
番外編扱いらしいので、これがシリーズの最初の話なのかもと思ったり。

進行度としてはラストダンジョンっぽいところまでやってきました。

メタルマックス2Rまでには終わらせて「竜退治はもう飽きた!」と言いたいところですね。
多分クリア後ダンジョンがあるのでそこまで考えると終わるか微妙だけどw

7ドラ2020:半分クリア?

システム的には7ドラっぽさがかなり薄いけど、やってれば結構面白いですね。
7匹の帝竜のうち4匹討伐し、イベントも盛り上がってきました。

スキルもかなり増えたのでSPが全然足らない。
説明書読んだらまだ取れないスキルがあるっぽいからもう1段階あるな。。
奥義も入手条件を教えてもらえるようになったので、Lv40になったら取れるかな。

相変わらず相対するドラゴンは倒せる状況なので、今作はこういうバランスなのでしょう。
Lvもサムライだけ経験1.2倍のアクセつけてますが、マップ全部埋める程度の勝手に上がる分で困らない。

回復アイテムのドロップが多いため大抵10個ぐらいは持ってる状態になるのであまり苦労しない感じです。
トリックスターなどの速いキャラがいれば無理にサイキック入れる必要はないかも。
わしのパーティでもトリックスターが回復アイテム投げてる状態です。

現状のパーティでの戦い方はこんな感じ。
Lvや相手によってもかなり変わるけどね。

■サムライ
殴り役。

基本的に構えは変えず抜刀スキル上げてます。
発動するか自体が運だが雑魚戦は修羅の貫付けが非常に便利。

火力が高いドラゴン戦は刃下のリアクトを狙う。
食らわないとリアクト狙えないけど自己ヒールがあるので、状況にあわせて回復するか攻撃するか選べるので便利。

フロワロシード出現時の旋風巻きは神だと思うw


■トリックスター
ボス戦では回復役。

とりあえず銃に絞ってスキル上げ。
1ターン目にジャンプショットを入れておく。
ハイディングMAXで通常攻撃が100%クリティカルなのでリアクトは狙いやすいのだが、攻撃しないとリアクト狙えない。
基本はアイテム使用の回復に専念。

対空スキルが多いので、対空弱点相手だと滅茶苦茶強い。
オートスキルのチーターマン(次ターン全員先に動ける)はほぼサイキック用ですね。


■サイキック
ボス戦では補助役。

デコイが無い状態ならほぼデコイ。
火力が高い相手や危険そうな時にデッドマンリアクトはっておけば他キャラをそのターンで起こせるのが強み。
自分が死んだら意味がないが。

行動がやや遅いのでキュアが先手取れない相手だと回復はトリックスター任せになる。
リカヴァMAXで最速行動、全体化、消費マナ0になるのでステータス異常防ぐアクセつけておくと便利。

デコイが残ってて回復もいらないような時にはでかい魔法で削る。
オートスキルはターン終了時に無属性魔法というのとマナ回復がありますが魔法攻撃の方は発動率がかなり低い気がする。
長引くドラゴン戦で見たことなくて雑魚戦で数回見たぐらい。。

この構成だと全キャラ対空攻撃持っているので飛んでる相手はかなり楽。
先制で動ければ通常のドラゴンなら動かれる前に倒せることも。

7ドラ2020:ちまちまと

ちまちま進めて2章に入りました。
プレイ時間は6時間ぐらい。

現状だと遭遇したドラゴンが全部倒せてしまうのが少々気になりました。
強すぎるから避けて後回しにしようってことが今のところ無いので、シンボル見えても緊張感に欠けます。

ドラゴンを倒したときに手に入る資源(Dz)を使うシステムのせいで倒せるか絶対倒せないかにしないと調整が難しかったんでしょうかね。
そしてずっとそこでLV上げられれば倒せてしまうので倒すこと前提で作る必要があった。とかかな。
フロワロで壁になってる部分のドラゴンも倒すしかないので、自由度が低いような。

後は今までは装備の素材になったアイテムっぽい物が換金アイテムと書いてあるんですね。
ホントにただの換金アイテムに成り下がってしまったのかな。

普通のRPGなら『そんなもんか』で済む内容なんですが前作の自由度の高かった7ドラシリーズと見ると『うーん?』という印象。
と言っても前作の自由度がぐっと上がったのも船入手後なので、今後変わってくる可能性もあるかな。

特に戦闘もきつくないし普通のJRPGっぽいという印象です。
7ドラと名前が付いてなければ凡〜良作に入ると思うけど、このまま普通のJRPGで終わってしまわないと良いな。

クエストとかもやっと出始めた段階だし、のんびり進めてみますかね。

7ドラ2020:そういえば

説明書に書いてある通り、オープニング後の最初の目標は都庁を奪還し本拠地を手に入れることとなります。

難易度ノーマルだけど、LV上がると全快するし現状はあまりきつく感じないバランス。
まだチュートリアル的な面もあるようなので、この後がきつくなるのかな?

倒したときにgoodとか出たのだけど、弱点ついてるのかドロップ判定なのか。
世界樹、7ドラシリーズは敵を倒した状況(属性とか状態異常とか)によるドロップがあるので、今作もありそうな気もする。
そうするとデストロイ状態で倒すとかチート状態で倒すとかありそうだし、職業は全部は作らないとだなぁ。

今作は戦えばいくらでもSPが手に入る=スキル全部マックスに出来そうなので状況にあわせて武器とか使い分けられますね。

7ドラ2020:はじめました

ついに発売しました。
前作も楽しめたので早速購入。というか予約してあったw

今作は5職業の中から3人PTとかなり選択肢が狭いのでかえってPT構成に悩む。

サムライ子は扱われ方がどう見ても主役なので入れるとして、回復役は欲しいからサイキック。
あと1人どうしようという感じでした。
最終的にはトリックスターにしました。全体攻撃あるので多分銃キャラかなぁ。


とりあえず初期構成はこんな感じ。
サムライ CV:水樹奈々 リーダー
トリックスター CV:杉田智和
サイキック CV:桑島法子

他キャラはまたそのうち考えますかねぇ。
わしは大抵初期PT崩さずに進めるので、よっぽど辛くないと新キャラ作るか分からないけどw

ミクExtend:鬼畜曲一覧

エクストリーム一回ずつやってみました。
エクストリームの鬼畜っぷりにわろたw

・エクストリーム優しめ曲
Yellow
あなたの歌姫
歌に形はないけれど
melody
カラフル×メロディ


・未クリア(鬼畜)
ルカルカ☆ナイトフィーバー
初音ミクの消失
パラジクロロベンゼン
裏表ラバーズ


・未完走(超鬼畜というか連打力)
初音ミクの激唱

プロフィール

■DQ10■

■アルフィリン
生産-防具鍛冶

■その他Link■
Wiki-アルフィリンのメモ帳

livedoor プロフィール
Twitter
その他
(C)2005 KOEI Co., Ltd. All rights reserved

当サイトはリンクフリーです。
報告などが無くても相互リンクさせて頂くことがあります。

非難中傷、意味不明な内容のコメントは荒らしとして全て削除しています。

コメント、トラックバックは下書き状態になるよう設定しています。
すぐに表示されない可能性があります。

このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。







最新コメント
月別アーカイブ
気になるもの
  • ライブドアブログ